DG95とDG105のステップの違い
Pocket

ダイナミックゴールドの軽量版を選ぶときに気を付けたいこと。DG95・DG105・DG120

広島市南区のゴルフスタジオ スルーザグリーンです。

ゴルフシーズンで組立が混雑して、なかなか更新できませんでしたが、そんな中でダイナミックゴールド95・105・120試打クラブを用意しました。
それぞれのフレックスS200でお試しいただけます。

試打クラブを作成していて気付いた事があります。
DG95だけ、プリントの位置が違う?ステップ約1個分チップ側にプリントが入っています。

「?組む番手間違えたかな?」っと一瞬思ってしまいました。

DG95とDG105のプリント位置

DG95とDG105のプリント位置

1ステップ分、手元寄りにプリントが入っている?
何でだろ?

new dg120

new dg120

カタログではこの様な画像になっていたため気が付きませんでしたが、スペック表にはちゃんと書いてありました。
下の表のシャフト長にご注目ください。

ダイナミックゴールド 95・105・120 S200スペック表

シャフト フレックス シャフト長 ティップ径 バット径 カット
前重量
カット
後重量
キック
ポイント
DG95 S200 38.5-35.0
(978-889)
.355 inch (9.00mm) .600 inch (15.25mm) 95g 中元調子
DG105 S200 41.0-37.0
(1,041 -940)
.355 inch (9.00mm) .600 inch (15.25mm) 103g 元調子
DG120 S200 41.0-37.0
(1,041 -940)
.355 inch (9.00mm) .600 inch (15.25mm) 118g 元調子

作られている長さがそもそも違いました。
そういえば、DG95はあまりバットカットしませんでした。
ネックが短めのアイアンで番手をハードにする方向に、番手ズラシする場合は、注意が必要です。

そしてDG105とDG120は#2I用まで、DG95は#3I用までのラインナップになっています。

New DG 剛性

New DG 剛性

以前にも使わせていただいた表ですが、手元側の硬さもDG95だけ大きく異なるため、ステップ位置などの設計が異なると考えられます。

表面で見ることのできるステップの違いなどを見てみると、

DG95とDG105のステップの違い

DG95とDG105のステップの違い

DG95とDG105とでは、見て分るほどシャフト中央部分の太さが異なります。
運動タイプのType-CとType-Dに適応するシャフトですが、よりしなりを必要とする方にはしなりの出やすいDG95は相性吉です!
光って見えにくいですが、DG105の方がチップ側にステップが集中して付けられており、軽量ながらも本家DGの剛性と合わせようとする意図が見て取れます。

DG95とDG105のステップ位置の違い2

DG95とDG105のステップ位置の違い2

仕上がりのスペックは以下の通りです

ダイナミックゴールド 長さ 重さ 振動数 スイングバランス 振り抵抗 装着シャフト重量
DG95    S200 36.75インチ 418g 294cpm(A) D2 2646 93g
DG105  S200 36.25インチ 420g 322cpm(SR) D0 2583 94g
DG120  S200  36.50インチ  429g 326cpm (S)  D0  2614 107g

 

数値については、測定方法・測定機器・ヘッドやグリップの重量などで変わりますので参考までに。
組み上がったスペック表を見て、DG95とDG105がネーミングから想像するよりも重量差が無いことが分かります。
同じヘッドで組み上げしておりませんし、長さも変えて作成しておりますので比較し難いかと思いますが、同じヘッドで取り付けした場合、シャフトの重量差は2~3g前後になると考えられます。
シャフトの硬さは1.5フレックス相当DG105の方が硬く、実際に振り比べた方もDG95の方から先に振ると、DG105はシッカリ感を感じます。

モーダス3 120の時もそうでしたが、DG120もカット後のシャフト重量が120gのイメージを持ってしまいやすいですが、実際にはもう1ランク軽いイメージです。
「本家ダイナミックゴールドを長く使ってきたけど、少し軽くしたい。」そんな方は、シャフトのクラブの重量だけ変えるイメージなのか?シャフトのしなる量も変えていくのか?
そこを考えるとよりスイングにマッチしたスペックを選ぶことが出来ると思います。

2018/12/20追記
DG105にONYX(ブラック)仕様が追加されました!

DG105にONYX

DG105にONYX

マット(つや消し)ブラックのなかなか渋いスタイルです。
昨今ブラックヘッドのアイアンが限定などで発売され、ブラック・アウトされたグリップと合わせると、かなりかっこいい仕上がりになっています。

ゴルフパフォーマンス スタジオ
THROUGH THE GREEN(スルーザグリーン)
〒732-0811
広島市南区段原2丁目19-5-1F

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>